安心の葬儀 終活と合わせて行う葬儀場選びや必要な費用を知っておこう。

お葬式の線香におけるマナーやお通夜、告別式、火葬について。

安心できる葬儀の選び方

身内の方が亡くなった場合、喪主と家族の方々が、葬儀の手続きの依頼をすることになります。

最近では葬儀会社もたくさんあるので、どこに頼むか迷うケースも多いので、残された家族の方々に迷惑をかけないように、故人の方が生きている間に相談しておく方々も多いようです。

あらかじめ相談しておくことで、当日慌てずに安心して任せることができます。仮に亡くなった後に手続きが必要になった場合は、きちんと要望に寄り添ってアドバイスしてもらうことができる会社に依頼して、後悔しないお葬式をあげることができるように選ぶことが大切です。

様々な想いを重ねる葬儀場という場所

親を持つ方の大半が経験するだろう葬儀場という場所は、普段馴染みがない場所でもあります。亡くなられた方とのお別れの場所でもあり、感謝の想いを胸に天国へ送り出す場所です。

故人のへの想いは様々な葬儀場のオプションなどを利用して表現する方もいれば、手作りや家族間での温かな心のこもった質素な葬儀など、多様な形をとっています。火葬から納骨までの一連の行事を経て、お花に囲まれた故人の遺影を見ると、改めてその生前の存在の大きさを感じることができます。

昨今は、お墓に入らず海上散骨など、その故人が望む終活に沿った内容などもあります。

葬儀における香典返し地域で違う葬儀のしきたり
大切な人との心をつなぐ葬儀通夜と葬儀の挨拶の仕方

知っておきたい葬儀場の種類

葬儀場には様々な種類があるのをご存じですか。1つ目は公営式場です。各自治体が所有する公的な施設で、住民であれば安く利用できることもあって混み合うことが多いです。

次に民営式場です。葬儀社が運営している場所は設備が良いものが多いですが、公営より価格は高めです。宗教施設は宗教によって異なりますが、檀家の葬儀が中心であり、注意が必要です。

この他にその土地の集会場や公民館、自宅などの選択肢がありますが、何を重視するかで選び方も変わってきます。予算や参列者の人数、規模など、選ぶ側の状況によってどの葬儀場が相応しいのか吟味する必要があります。

駅近が便利な葬儀場葬儀場に供花を送るとき
生前に葬儀場を決める葬儀場にかかる費用

費用を重視した葬儀

今では、あまり葬儀に費用を掛けないで行いたいと考える人もいます。この様なニーズが多い事から、コンパクトで手頃な価格の葬儀を行ってくれる葬儀社も少なくありません。

特に、葬儀の中でも家族葬が利用される事も多く、身内などだけで済ませる事もあります。

有名な人などであっても葬儀は、家族葬で行い、後に故人を偲ぶ会などが別途行われる事もあります。また、規模については地域などによっても異なる傾向がある場合もあります。法事などが盛んにおこなわれる地域であれば、身内などだけではなくて、同じ街の人などが駆けつけてくれる事もある様です。

自分の希望や暮らす場所の事を考えて、決定するといいでしょう。

大事な葬式での線香におけるマナー

社会人になれば、やはり常識のある行動を行う事が求められます。葬式での線香におけるマナーも常識ある人として行動する上で非常に重要であると考えられます。

葬式での線香におけるマナーは、参列する前に身に付けておく様にしましょう。葬式での線香におけるマナーについては、前の人を見ながら行うという事も可能な場合もありますが、やはり人の前に出て行うとなれば、緊張する事もあるので、事前に学んでおくのがいいでしょう。

葬式での線香におけるマナーについては、知っているだけで実践できるものもあります。葬式での線香におけるマナーについては、宗派が関係しますので、宗派を把握する様に努めましょう。

葬儀に備えるにはどうしたらいいのか

突然やってくる悲しい別れに対してどのような準備をしたらいいのでしょう。葬儀を行う場合、多額の費用が必要になると言われます。

残された家族のために、費用を準備しておくことも一つのマナーといえるのではないでしょうか。

宗派に対する葬儀は行えるのか、親族はどこまで連絡するのか、最近では家族葬ができるのか、など難しいですが生前に調べておきたいものです。

また、どの様に進めていくのか、参列者に粗相がないか相談しやすく、フォローをしてくれる会社が身近にあるといいのではないでしょうか。ある程度の年齢になると準備していきたいことの1つです。

葬儀に参列する際の服装のマナー

葬儀に参列する際のマナーはいくつかあります。服装に関しては、黒を着用します。靴は光沢のないものにします。鞄は、革製は動物の殺生という観点からNGです。

女性のストッキングは黒です。寒い日でもタイツではなく、暖かいストッキングが売られているのでそれを着用するか、ホッカイロなどで暖かくします。

男性のネクタイも黒です。男女問わず、髪型は控えめにしましょう。女性がネックレスを装着する場合は、パールです。本物でなくても構いません。

ネイルはしないほうがよいのですが、飾り付けたネイルなどしている場合は、黒のレースの手袋などで隠すようにしましょう。ピアスも同様に、透明のものにするかパールにします。

葬儀のしきたりのそれぞれ

大切な人が亡くなった時は、葬儀を行うのが一般的です。そこには、キリスト教や仏教などの宗教や、地方によってしきたりがあります。

故人の冥福を祈る大切なものなので、参列してくれる方にも失礼がないように、事前にしきたりなどはしっかりと確認しておくことが大切です。

また、ほとんどの人が葬儀屋に頼んでいますが、しっかりとした信頼できる会社を探すことが大切です。

現代はさまざま形があり、故人の希望を尊重して簡易に済ませたり、逆にオプションをつけて個性豊かなものにしたりする場合もあります。各家庭に合わせた柔軟な対応を実現できることでしょう。

葬儀で喪主になった時の正しいマナー

葬儀では喪主は挨拶をします。これは参列していただいた方々にお礼を申し上げるためです。通常通夜か告別式で挨拶文を読み上げます。

ありきたりではなく自分の言葉で参列者にお礼を言うのが一番ですが使ってはいけない言葉など複雑なので例にならって自分の言葉を少し織り交ぜるのがいいと思われます。

挨拶文の内容は参列者へのお礼に始まり喪主の自己紹介そして故人のエピソードが望ましいです。時間は長くても3分で短くまとめましょう。

重ね重ねや再びなど繰り返しをイメージさせる言葉は使ってはいけません。こころのこもった自分なりの言葉でお礼を言えば十分でしょう。