安心の葬儀 終活と合わせて行う葬儀場選びや必要な費用を知っておこう。

お葬式の線香におけるマナーやお通夜、告別式、火葬について。

TOP 葬儀場 駅近が便利な葬儀場

駅近が便利な葬儀場

葬儀をどこで行うかということをあらかじめ決めているという人は少ないのではないでしょうか。規模や故人の人となりにもよりますが、葬儀というものは基本的にそれなりの人数を招待するものです。となれば、遠方から来る人もいるでしょう。

比較的近くからでも電車やバスを乗り継いで来る人もそれなりにいるでしょう。そのため、経験的にも、オプションの多寡はさておき、葬儀場は駅近の施設を押さえるのが最善の手となります。遺族ももちろんですが、弔問客の貴重な時間をいただくわけですから、アクセスの良いところであるべきです。多くの人に来てもらうことができれば、それが故人にとって最大の供養になるはずです。

近年多様化する葬儀場について

近年は高齢化に伴い葬儀場も増加し、また葬儀スタイルも様々な様相になっています。中には直接お礼が言いたいと生前葬を行う人もいます。

兵庫県の姫路市、たつの市は近隣の市になります。以前は葬儀と言えば、遠縁の親戚や近所の人たちも呼び、盛大に行われていました。しかし最近は、家族葬などごく内輪の家族や関係者だけで行う場合も増えています。

また、核家族化や独り身など身内など遺体の引き取り手もおらず、火葬場へ直接運ばれるケースもあります。霊柩車も宮台と言われていたものから、シンプルな霊柩車がほとんどなのではないでしょうか。

葬式では線香と焼香を使用

基本的に葬式においては線香と焼香の両方が使用される事が多い様です。葬式においては、線香をあげるという事より、焼香を行う機会の方が多い場合があります。

葬式においては、線香や焼香のあげ方というのは、マナーとしてあらかじめ習得しておく事が大事です。葬式における線香や焼香のあげ方というのは、常に同じではなくて、宗派ごとに違いがあります。

これまでとは異なる宗派の葬式に参列する際には、特に線香や焼香のあげ方について気を付ける必要があります。これらは必ずと言っていいほど必要とされるものですので、すぐに対応できる様にしておきましょう。後になって、困るという事がない様にする事が大事です。

葬儀場についての関連記事

葬儀場へ花や物を贈りたいとき

葬儀場では花や果物、故人の趣味にちなんだものなど、さまざまな供え物が飾られます。お酒好きだった故人を偲ぶため、ずらりと銘酒が並べられるといった葬儀もあります。

最近では形式的なことよりも故人らしさを感じられるユニークな葬儀にしたいと望む方も増えており、これまで定番とされていた物以外を飾って最後のお見送りをするケースも多いようです。

参列者がこうした供え物を送る場合には、必ず葬儀を取り仕切る遺族や葬儀社へ連絡をしましょう。特に生ものや場所を取るものは要注意です。

葬儀後に遺族が回収もしくは処分しなくてはならないため、事前の相談は必須です。

思い出に残る葬儀を考えてみませんか

親しい方がお亡くなりになられた時、葬儀で読み上げる挨拶文の多くは定型文です。

故人との思い出を深く自分の言葉で伝えたいと思いつつも、葬儀の最中ではとても気が回りません。そんなとき、規定のフォーマットに自分の思いを直感的に入力し、文章化できるツールがあると良いですね。

あるいは、香典返しの中に喪主からのひとことがありますが、それについても同じようなツールで、定型文ではない、喪主の思いが込められた文章を即座に作成、印刷してくれるようなツールがあると他の会社との差別化がはかれ、利用者からも大変よろこばれるでしょう。