安心の葬儀 終活と合わせて行う葬儀場選びや必要な費用を知っておこう。

お葬式の線香におけるマナーやお通夜、告別式、火葬について。

TOP 生前に葬儀場を決める

生前に葬儀場を決める

人生の終わりに必ず利用するところが、葬儀場です。死んでいないのに葬儀の話を避けて通る人もいますが、喪主への配慮から関係のない土地で葬儀を執り行う人もいます。

生前から、この葬儀場でしてもらいたい、家族葬が良い、新聞で葬儀を呼びかけて欲しいなど、最期の別れに託す願いもあることでしょう。

葬儀は自分がいなくなったことを大切な人たちに知らせ、生きている人たちが区切りをつける大切な場です。今は、低予算を謳ったり、焼香をドライブスルーでできるようにしたりとさまざまな工夫がなされていますが、故人を尊重して残された人々が前向きになれるような良い式にしたいものです。

地域の風習やスタイルについては葬儀場で確認

大切な方が逝かれ、悲しむ間も無く葬儀は急にやってきます。

費用のこと、それにまつわる内容の細いこと、供花、香典、香典の内容、ご挨拶、ご親族の宿泊費用、亡くなられた方とのお葬儀までの弔い、家でのお留守番、朝食、告別式、火葬、火葬の時に入れて良いもの入れてはいけないもの、昼食、帰宅、帰宅後の準備などは、地域によって様々なスタイルがあります。

実際、自分が住んでいる地域のスタイルがわからなかったり、親族の方も住んでいる地域が違ったりすれば、そちらにも話しが必要なことも多くなります。そんな時こそ信頼できる葬儀場を活用するのが良いでしょう。

葬儀は亡くなった人に敬意を示す場で最後のお別れをする場

葬儀には服装は礼服、派手なアクセサリー化粧はしないのがマナーとなります。大声で話しをしたり笑ったりなどは控えるべき行動です。 爪も派手なマニュアルなどはせず透明なネイルの方が良いと思われます。個人を偲ぶ場所なのでエチケットは守りましょう。

ご家族への挨拶などもあまり大声で行わず聞こえる程度で歯を見せて笑うことも避けるべきだと思われます。故人の年齢が若い程家族の方々に自分なりの配慮をして心から手を合わせ送り出してやる事が大事だと思われます。

家族の方々も悲しんでいらっしゃいますので自分なりの故人との思い出話などもしてあげるのもご家族をおもいやっての行動になるのではないかと思われます。

葬儀場についての関連記事

贈答用の線香を葬式で贈る

家庭で使用する線香というのは安価で手に入れやすいですが、葬式で贈る際にはふさわしくありません。葬式で贈る線香を選ぶのであれば、贈答用として売られている物の中から選ぶ必要があります。

また、葬式で贈る物は、仏事用の物から選択する必要があります。線香の専門店や仏具屋さんなどであれば、葬式で線香を贈りたい人に向けて、分かりやすく説明している事もあります。

そのため、線香を選ぶ際には、特に難しい事を考えなくても、求めている物にたどり着ける事もあります。

葬式で贈るのであれば、選ぶ物や贈り方によって、その人に常識があるかどうかという事が問われる事もありますので、とても大事でしょう。

これからの葬儀場について

葬儀の有り様は時代とともに変わりつつあります。

過去は家で葬儀告別式が行われていましたが、ここ何年かで葬儀場での葬儀告別式が主流になってきました。葬儀場オプションとして数多くの企業が参入し、ビジネスとして成立していますが、今後はどうでしょうか。

高年齢化や新薬の開発による寿命の長期化、また少子化による対象者減少により今後は不透明と言わざるを得ません。また葬儀も近隣の繋がりや親戚との繋がりが希薄になりつつあり、有り様も変わりつつあります。

若年層ほど無宗教で宗教自体がビジネス化したことにより信頼を失っており、今後葬儀社や寺院離れは進んでいくと思われます。